2009年5月26日

手術

翌25日の朝、日本橋先生から手術の件で電話がかかってきた。

予定通り、この日のお昼にディオの骨折に対する手術と、去勢手術を行う予定であるとのこと。

夕方には手術も終え、目を覚ましていると思うので連絡をしてみてくださいと言う事もあり、
16:30頃電話をかけてみる。






手術は無事成功。









ほっ・・・。とにかく、無事に手術が終わったと聞き、安堵。

去勢手術も終え、脚もまっすぐになった。
これからギブスをして固定をし、完治するまでに2,3カ月はかかるかもしれない。



経過観察は必要になるので、時々見せに来てもらうことになると思いますとのこと。





ディオの様子を聞くと、麻酔から醒めたばかりで、ボーッとしている状態のよう。







一刻も早く顔が見たくて、いつから面会に行って良いのかを確認すると、
今日から来てくれても構わないということなので、会社帰りに寄ってみた。




ディオが診察室に入ってくる。




クーンクーンクーン
甘えた声をだし、すり寄ってくる。


よかった・・・・



ディオのお鼻の部分には、手術中に装着していた全身麻酔のための器具の跡が残っていた。
若干腫れているようだが、これもすぐに消えてなくなるという。



脚はしっかりと固定されていた。
痛みに関しては、今は鎮痛剤が効いているのでないらしい。



レントゲン写真を見せてもらう。



これが骨折した時の写真。
完全にポキっといっているのが分かる。






これが手術後の写真。
プレートをあて、ボルトを6本使って留めている。



前にも聞いた通り、尺骨に関しては、
自力で治癒する力があるので、何もしなくても問題ないと。


去勢手術(停留睾丸)について聞いてみると、
こちらも同時に行い、奥に隠れていた睾丸も、ぐーーっと後ろに引っ張り出し、一か所から取ってくれた。
そのため、1針縫う程度の、どこか言われないと分からない、本当に小さな傷痕のみ。
傷を保護するテープすら貼っていなかった。



お兄ちゃんの時とは全然手術方法が違うので、
先生によって手法はマチマチなのだと実感。。。










ディオは、長い時間の手術だったにも関わらず、麻酔が明けた後にはご飯をモリモリ食べていたらしい。
食欲があることはいいこと!


泣くこともなく、
おトイレも、ちゃんとシートの上にしていますよ、と言ってくれた。


先生のお話だと、
プレートを入れ、ボルトで留めているので骨はくっついているが、これを保護するためにギブスをつけている。
ギブスはプラスチックでカチカチに固まっている状態。
今はつま先が隠れるくらいまで覆っており、
これを少しずつ、足先を出していく。

こうして足先が出ることにより、骨に刺激がかかり、強くなっていくそうだ。




先生的には、エリザベス着用は不要だと思うが、
腿の付け根の部分に、擦れ防止のために綿を入れているが、
多くの子がこれを引きちぎって、取ってしまうらしい。

この擦れ防止がなくなると、皮膚とギブスとが擦れあい、炎症を起こしたり痛くなってしまう。

なので、この部分を触らないようにするために、
短くても構わないので着けておく方がいいのかもしれないと。


そして、退院日について聞いてみた。

すると、
金曜日には退院してもいいですよ、とのこと。
(木曜日でもいいらしい。)



えっ!!!
2週間 ⇒ 1週間 ⇒5日間
そんなに早く出られるんですか☆




そして、愚問とは思いつつ、聞いてみた。






走れるようになりますか…?






先生は、



もちろんですよ!
もしかしたら、今以上に早く走れるようになるかもしれませんょっ!!
今のままいけば、夏には復活できそうですね。












先生ぇ・・・(泣)












今でもあの時の悲痛な叫びが耳に残っている。

願わくば、1時間でも10分でも、時を戻せたら・・・・そう考えていた。

でも、顔から落ちて首の骨を折ったりしなくて良かった・・・
命があるのだから、不幸中の幸い。
そう思うようにしてきた。


けれど、ディオに会うまでは、不安で不安でたまらなかった。
昨日、ディオのお顔を見ることができ、甘えた姿を見ることができた。

一日も早く退院できるのも、
尽力してくださった先生方のお陰と、ディオの若さのお陰。


退院後はまた大変かもしれない。
けど、マイペースで、ゆっくり時間をかけてリハビリをし、完治していきたいと思っている。



もう間もなく梅雨シーズンだしね。

2009年5月25日

骨折

2009年5月25日

本当は、楽しかったウミオサの事をブログに書くつもりでした。






皆さまのウミオサでの楽しい思い出を壊すことはしたくなかったので、
こうして書くことを悩んだのですが、

やはり自分とディオの記録の一つとして残しておきたいと思います。




そして、ウミオサ記事についてはディオが元気になったら、気分を新たに投稿するつもりですので、
今しばらくお待ちください。






***********************************************************************

2009年5月24日
夕方のこと。

この日はウミオサだった。
朝早くから出発し、雨の中をみんなと走ったり遊んだり、楽しく過ごし、
夕方、帰路につく。



いつもはマンションに入ると、階段を登る練習を兼ねて、スリングから出して歩かせている。
でも、この日はそれをしなかった。


マンションに入り、あと一歩、あと1mで家だった。


ディオは家が好き。
母が好き。
だからきっと嬉しくなってしまったんだと思う。



スリングから飛び降りたのだ。



あっ!



色々考える暇もなく、ディオが泣き叫びはじめる。


たまに落ちて泣くことはある。
けど、いつもと違う。
そう、尋常じゃない泣き方。

後ろ足を必死に触る私。
てっきり後足をぶつけたと思ったからだ。


でも違う。



ディオは激しい痛みを伴うのか、私の指を噛み続け、そして泣き叫ぶ。


マンションの住人が何事かとドアを開けて覗く。

そんなの構っていられない。
とにかく、何があったのか状況を把握しなければ。



落ち付け、おちつけ、おちつけ・・・・・・・



自分にそう言い続けながら、前足を見る。




やっぱり............






左前足の関節近くが、違う方向に向いている。
骨折だ・・・


骨折をさせてしまった・・・・


荷物を廊下に投げ捨て、家に駆け寄り、ドアを叩く。
母が家に居るのは分かっているので、鍵を開けている暇はない。

説明もロクにせず、母に廊下に捨て置いた荷物を託し、最寄りの病院へ向かう。


早く…早く… 

逸る気持ちが先行し、どうしても足取りも速くなる。
その振動が痛みを再燃させるらしく、度々私の指を噛み、泣き叫ぶ。



大丈夫。
すぐに先生に診てもらおうね。
大丈夫だよ、すぐに痛くなくなるからね。


我が家から最寄りの病院まで7分位の距離にある。
ただ、走れない。


とにかく、ゆっくり、ゆっくり。
出来るだけ振動を起こさないよう、骨折したと思われる部分を手で固定し、

ディオに話しかけながら進む。




ゆっくり行こうね。

ごめんね。

ゆっくり歩こうね。



途中、何度も泣き叫ぶ声が街中に響き渡る。


顔見知りの酒屋のお母さんと息子さんが心配して駆け寄ってくれた。

通りすがりの人は不審そうに見ながら通って行く。





泣いている声が「いたいよー。いたいよー。」と聞こえる。
本当にそう喋っているようだった。




見られても恥ずかしいなんてことは考えなかった。
とにかく泣くたびに、固定しているところが動くのだと焦る。
泣き疲れ、顔を私の胸にもたげるが、時々痛みに耐えきれず泣く。



近いはずの距離が、進んでも進んでも、一向に前に進んでいないように感じる。
願い、早く着いて!!!


最寄りの病院にやっと到着すると、中には診察待ちの患者さんがチラホラ。
結局私たちは、優先してもらえることもなく、きちんと順番を待った。
骨折って、確かに命に影響はない。
待っている人が先に診断されるのも当然かもしれない。


だけど、1分1秒、早く診てほしかった。
これが本音。


待つこと数十分。

すぐにレントゲンを撮ると、やはり折れていた。


左前脚の、関節に程近い、橈骨(トウコツ)と尺骨(シャクコツ)の骨折と診断。


エリザベスカラーを装着し、鎮痛剤を投与され、固定された状態で再度診察室に戻ってきた後、
これからの処置の話を聞く。




まず、手術が必要。
手術は、切開し、プレートを橈骨にあてがい、ボルトで留める。


ボルトを何カ所留めるかは、骨折の位置等を計算して決めるが、4-6ヵ所を留めることになるであろう。

尺骨については、骨が細く、プレートを当てることができないこと、
また、自然治癒しやすいのでその必要はないであろう。



そして、一度入れたプレートは取り出さない。



入院日数は約2週間、手術費用としては、20万強掛かると思ってほしい。
(簡単な内訳として、プレートが約4万、ボルトが1つ約1000円、それ以外に手術費、レントゲン、入院費など諸々)





この日からディオは安静にする必要があるため、ケージレストをする必要がある。





手術予定日は、出来るだけ早く行いたいが、

必要な器材が整っていないため、これから発注をすることになる。
器材が入手でき次第、希望としては明日にでも行いたいが、
明日は別件のオペが入っており、命に関わる子のため、どうしてもずらすことができない。
そのため、明後日になることも考えられる。


自分たちの手で行いたいが、どうしても日程的に難しいという場合は、

他病院に委託することもオプションとして考えているので、その事もご了承頂きたい、とのことであった。


説明を一通り聞き、ディオを預け、手術承諾書にサインをして帰っていたが、
去勢手術を予約していたこともあり、 日本橋先生に電話をした。



お話をした際、気になっていたところを聞いてみた。




日本橋先生だったら、手術がいつできるのか。
日本橋先生だったら、手術後いつ退院できるのか。




日本橋先生は、 必要と思われる器材は一通り整っているので、明日にでも手術は可能。
一般的な骨折であれば、1週間以内で退院はできると思う。

また、麻酔のリスクを考え、去勢手術も一緒にやってもらえるか聞いた方がよいのでは。
ディオ君は停留睾丸とはいえ、難しい手術というわけではないので、対応してもらえると思うが。


このように答えてくれた。





いつやってもらえるか分からない状況よりは、少しでも処置を早くしてくれる病院を選ぶのは親として当然。
去勢手術についても、当初からお願いするつもりだった病院でやってもらう方が安心。

そして、入院時期が短い方が、ディオにとっても精神的に良いのではないか。
だって、犬の1週間はヒトの1カ月に相当するという。
病院のケージで過ごすより、家族の元で療養する方がいいはず。




総合的に考え、多少遠くても日本橋先生の元でお願いする方が、私にとっても良いと判断した。






一度お預けした最寄りの病院には事情を説明し、ディオを引き渡してもらい、
その足で日本橋先生のところにタクシーで駆けつける。




最寄りの病院からディオを引き渡してもらう際、撮ったレントゲンを手渡してくれた。
無駄にして欲しくないからと。
そして、私共も1日も早く手術してくれる病院が見つかってよかったと、
とても温かい言葉で送り出してくれた。

先生方のとても紳士的な態度に深謝している。





日本橋先生と日本橋若先生は、診療時間が終わっていたにも関わらず待っていてくれた。




笑顔で、大丈夫ですよ。
心配いりません。
ディオ君はまだ若いですので、治りも早いでしょう。



そして、これからの事については、
まずレントゲンを違う角度からもう1枚撮り、プレートの大きさを決め、
とにかく、明日手術をする予定でいるので、明日の朝、また改めて状況についてはご連絡しますと、


そう励ましてくれた。




家に帰ると、母も心配そうな表情。
でも、特に何も言わずにそっとしておいてくれる。




こっそり泣いている私のそばに寄り、腫れあがった指を見て、
ディオ君が噛んだのね、きっと相当痛かったのよね。とポツリ。


そして、



あなたも痛かったでしょう。
でも、大丈夫。
彼はまだ若いし、すぐに良くなる。

だから自分を責めたりはしてはいけない。


そういいながら、湿布を貼ってくれた。



でも、今回の事は、私の不注意、そして意識不足が要因。


他の子の骨折の話は聞いていても、まさか自分の子がと、
ディオの足の骨は太いし、丈夫だから大丈夫だろうと、
そういう風に思っていた。

いや、思い込んでいた。




骨の太さや細さ、体格の大小は関係ない。




過信せず、このような事故が起こらないよう、
細心の注意を払ってあげることが、親にできることの大切な役目であると、
心から反省している。




そして、一日も早く、前みたいに元気に走れるようになってほしい。

2009年5月20日

鍛錬・試練・訓練

ある朝のお散歩のこと。

ホームグランドにて、諸先輩方のボルゾイ軍団に可愛がられるデイオ。



キャー
にげろぉ~
あぶないっ(笑)
うひゃー
これぞまさに、鍛錬・試練・訓練なのだ。
でも、少しずつ仲良くなっている気がするのだ☆
毎朝楽しいね♪
*All picures provided by “ワンズギャラリー

ジャキーとドライフルーツ

先日届いたジャーキーマシーンを、早速始動させてみました。

具材は、『リンゴ・キウイ・牛モモ肉・鶏胸肉・ヤゲン・砂肝』をチョイス。
今回はファーストトライアルということで、少しずつやってみることに。

温度は58-63℃の間位に調整し、夜のうちにセット。
待つこと翌朝。そして出来上がり。

あまり見た目は良くないけど、なかなかおいしい。
うわさに聞いていたけど、ちっちゃ~くなる。。。

リンゴは甘味が増し、キウイはちょっと酸っぱい(笑)



特に牛モモ肉は、味付け不要。
かなり、イケルッ!!!
表面にかなりの脂が出ているので、これをキッチンペーパーで拭えばいいかも。


少し外気に触れるよう放置して乾燥させたら、もっといいかな。
まずは成功☆
今度はハーブ類をやってみよう。

2009年5月19日

食物的乾燥機

土曜日の事。
家に帰ると何やらでかーい荷物が届いており、キッチンにドーンと居座っていた。
箱の送り状を見ると、アメリカの友人からだ。
ん、なんだろう・・・と思いながら、開封してみると、


うそ-----------ん♥


日本には売っていなくて、アタシも欲しいのよねぇ~と話をしていた、Dehydrator!!!


蓼科でtomoちゃんがジャーキーを作ってくれたマシーンです。
”I sent you something in the mail”なんて、ぼやかしながら話してたのは、
私を驚かせるためだったのね♪


Dehydratorは、犬用に特化しているわけではなく、ドライフルーツや、
ハーブを乾燥させてお料理に使えたりする優れもの。
しかも、その友人もG.シェパードを2頭、G.デンを1頭飼っている犬好き家族。
友人の中では話題になっている、ドッグフードサンプルも同封してくれましたっ!



今、DehydratedやRaw Foodに興味があると話していたから、まさにその通りのフード(笑)
ぬるま湯に溶いてあげるんですって。
ちょっと珍しい。
フードサンプルはまだ試していないけど、HPを読みながらディオにあげてみようと思います。
美味しかったり、良さそうだったらお取り寄せしてみてもいいかもな~☆

試食結果は追ってご報告いたします。。。。。

2009年5月15日

Home Ground

2009/5/15

私たちは、(ほぼ)毎朝お散歩で公園に行きます。
とてもキレイで緑が豊富な区立公園なのですが、園内にはDRが併設されており、
リードを繋ぐとフリーズしてしまうディオにとって、ほんの少しの間でも
心おきなく開放してあげられるのはとてもラッキーなこと。

朝の短い時間で、ディオと遊んでくれるお友達の中で、
シェルティーのローズちゃんのパパさんが、昨朝”パシャ・パシャパシャッ”と写真を撮ってくれておりました。
そして、ご自身が管理されているgallery「ワンズギャラリー」に掲載してくださったとのこと!!!



<ワンズギャラリーの中から抜粋させて頂きました。>


走る姿ってやっぱり格好良いですね!

まだまだパピー走りが残ってはいますが、これからどんどんキレイなフォームになっていくんだろうなぁ。。。
楽しみ☆

2009年5月14日

お気に入りの場所

ディオには今HOTな場所がある。

なぜか、
なーぜーかー、
ダイニングテーブルの下。




ベッドに居ない時、ソファーに居ない時、お部屋を探しても見当たらない時、
ここを覗くとたいてい潜んでます。
ご飯の準備をしている時、ここに潜んで待ってます。


しかも、上目づかいで見てきます。


呼んだらムクムクムムムゥ・・・・って出てきます。


別にあたし怒ってないんだけど・・・・
まるで叱られた子みたいになってるじゃない?!

ヒンヤリ冷たくて気持ちよいのか、
静かで落ち着くのか、
何か美味しいものが落ちてこないかと待っている間にここがお気に入りのポジションになったのか。

ディオのみぞ知る。

2009年5月11日

驚き3連発!!!

週末はいい天気。

土曜日の事。
これまでのうっ憤を晴らすべく、お出かけしたいな。

そうだ、城南島へ行こう♪

大渋滞の中をすり抜けて、ブイブイ~ンと向かった城南島DR。
やっとスキパパにディオの(かっちょいい)走りを見せることができました♪


ぐぁっっっ・・・・・
デジカメ忘れた・・・・


忘れないようにと、わざわざテーブルの上に置いておいたのに、
忘れないようにと、目につく所においたはずなのに、
自分のおバカ加減に驚く瞬間。(←驚き、その①)

この日はたーくさんのイタグレちゃん達が集合。
ちょっとしたオフ会。
ミューちゃんとニーナちゃんも来たし、UNOちゃんも来たし、グラビス君も来たし、クルト君も来た。

きっと、yumiさんがお写真を撮ってくれていると思うので(他力本願&希望的願望)
そこでディオの雄姿をご覧頂くことにしましょう。。。


翌日の日曜日の事。
前日の遊びで、泥まみれになったディオ君。

一応、お風呂場で体を洗ったけど、爪も切りたいし・・・
そうだ。サロンに行こ♪

tomoちゃんに紹介してもらったお店に、開店時間の直後に電話して、空き状況を確認。
今からだったら良いですょ~という快諾をget☆

『んじゃ、すぐ行きます!30分以内にはつきますからっ!』

お店には結構たくさんのトリマーの方々。
ほーほー。

今回お願いしたのは、”シャンプーコース”
これには、爪切り・肛門しぼり・お耳掃除・足回りカット・ヒゲカット付き

「ディオ君をお預かりしますね。1時間程度で仕上がりますが、お待ちになりますか?」と担当トリマーさん。
『はい!お店の中で待たせて頂きます。』と私。

お店の隅に椅子を用意してくださっていたので、そこに座り、影からコッソリ様子を観察。。。


あらっ!ジッとしてるっ!
あらら!爪切りの間も身動きしてない。
あら~! ガマンが出来るんだ~!!!


息子が泣かずにいる姿に驚いた。
さすがプロ。手際の良さに驚いた。(←驚き、その②)

終了後、シャンプーの種類や、体の状態(耳の汚れ具合・体の汚れ具合等)をちゃんと教えてくれました。
動きには無駄がなく、とってテキパキ、そして、とっても良心的価格でした♪

すっかりキレイになったディオを背負い、家路に向かう道中の事。
バイクの左ミラーの位置を調整していたら・・・・・


くるんっ!

あれ?(手で戻してみる)

くるんっっ!!

ぁ、あれ・・・?

ネジが緩んだみたい・・・(汗)
ミラーがミラーの役目を果たさず、全然違うアッチャの方向を向いてる。


ギャー!
こわーぃー!!!


予兆なく、あまりにも突然だったので、本当にタマゲタ・・・(驚き、その③)
幸い、帰り道にお世話になっているSHOPがあったので、一目散に駆け付け、
お兄さんに直してもらいました。
何事もなく無事に帰ってこれたので良かったわ・・・。


以上、週末の驚き3連発でした。

2009年5月8日

KOMAICHI & CAFEで同窓会

2009/5/5

子供の日のこの日は、お兄ちゃんの幼馴染とお食事会を開いてきました。

あいにくの雨。
本当は午前中DRで遊んで・・・と思っていたものの、
朝からシトシト&ピッチャンだったので、Lunchからの集合になりました。

Lunchの場所は、駒沢にあるKOMAICHI & CAFEさん

http://www.komaichi.com/

結構な大所帯で押し掛けたものの、Staffの方々はみな様とっても親切で、
ギャーギャーうるさかったにも関わらず、一切嫌な顔を見せずに対応してくれました☆

さて、メンバー紹介~!!!

走る姿がいつも楽しそうな、通称イオタンこと『イオタ君』


イオタ君の妹ちゃんで、鉄の女と異名を持つ、『ハラマちゃん』


『ウメちゃん』と、愛息子のテンちょんこと「テン君」


目をつぶるタイミングも一緒とは、さすが親子!


ウメチャンは、何故やら目が▲になって、すわって怖いっすよー(笑)


去年の秋のUMIOSAファイナリストでもある『スキップ君』


悟りを開くときは彼に聞け、『ポッチ君』と、
ポッチ君の弟君で、最近表情が格段に優しくなった『でんすけ君』


Lunchはランチプレートを4種、特別に作ってくれました。
(えびちり/生姜焼き/和風ハンバーグ/BLTサンドウィッチ)


スキップ君は、パパの食べているBLTを欲しそ~~~に見つめる(笑)

しかもデザート付♪
色々な話題で大盛り上がり!
中でも、ムッチーニさんの巧みな技には一同歓喜に沸きました(笑)

ちょっと見にくいけど、それがこれ↓
video

イオタンは大~きなお口で、お友達のお顔をカプカプ食べるんです。
ディオも食べてもらいましたー。
video


なんだかんだで、結局4時間近くいたのかな・・・・(爆)

個別にお会いしているものの、みんな一同に集結したのは久しぶり。
GW中の大切なお休みに、みんなが時間を作って会ってくれたのはとても嬉しかったです。
それぞれがお兄ちゃんになり、お姉ちゃんになり、母になり、成長を感じることができました。


そして、MAKIちゃんやAyuちゃんとゼブラで会った際、ディオは全然遊べなかったので、
以前よりも活動的になった姿をお見せしたかったのですが・・・・家に帰ると俄然元気になる。。。

どうやらディオは内弁慶ということが判明です...(照)

2009年5月7日

蓼科旅行記 (3日目)

2009/5/4

滞在最終日となりました・・・

きょうはなにするの?(byディオ)


No plan, No Life(笑)
出発は夕方なので、それまでマッタリでお願いします。

tomoちゃんがジャーキーマシーンで砂肝ジャーキーを作ってくれました~♪



出来たてホヤホヤのジャーキーで、タケサンのしつけ教室が開催され、
video

みんな真剣(笑)





ベア君のプラッキング教室が開催され、

video

 


超~可愛いkarenちゃんがワンコクッキーを焼いてくれてました。
美味だったょー☆



パピー組は何かを話し合ってるみたい♪
video


お昼はお蕎麦。
長野といえばお蕎麦でしょ!外せないでしょ!
生わさびでいただきました♪


腹ごなしに、一同でお散歩へ出かけました。


ベアママ、気をつけて~~~
落ちてこないでね(笑)


岩の上でワンを叫ぶ☆


ルートは初日と同じコースをてくてくてく。
video 
video




常にビリで遅れを取るディオだけど、みんなと一緒だとやっぱり楽しいね♪


お家に到着したら、tomoちゃんとkarenちゃんが何やら作成中

わー!
昨日作ってたプリンだね♪
ちょっとデコレートして、ショートケーキ風。



そんなこんなの時間を過ごしているうちに、東京へ帰る時間がやって参りました。
スーパーあずさに乗車し、2時間後には新宿かー。。。


幸い、このGW3日間はお天気にも恵まれ、とても楽しくて、のんびりとして、満喫した蓼科の旅でした♪
かねてからの願いでもあった、ワン旅行に行けて幸せ。

誘ってくれたルー&ステラ家の皆さま、そして、一緒に遊んでくれたベア家の皆さま、
ありがとうございました~☆